愛知県名古屋市中村区の歯科医院。無痛歯科治療「痛くない麻酔注射」と「歯科治療」のご案内。

林歯科医院
アクセスマップ お問い合わせ
院長あいさつ
医院紹介
設備案内
診療案内

診療予約
相談メール
関連サイトへのリンク
HOMEへ戻る

QRコード

林歯科医院/i-mode携帯サイト 林歯科医院/EZweb携帯サイト 林歯科医院/SoftBank携帯サイト
診療案内トップ

無痛歯科治療

痛くない治療・やさしい治療を追い求めて。。。
 皆さんは「歯科治療」というと、どうしても「痛い!」というイメージを持ってしまうのではないでしょうか?

無痛歯科治療「痛くない注射なら我慢できるよ!」  林歯科医院のスタッフや院長の私も痛い治療は大嫌いなので、患者様の気持ちは痛いほどよくわかります。
開業以来できるだけ痛くない治療を追及してきました。

 現在では歯科用麻酔薬の薬効も向上し、麻酔が効き始めてから一定の時間は痛みは気にならないほどになりました。
 ところが、歯科治療において麻酔薬を作用させるためには、ほとんどの場合、注射をしなければなりません。

 この注射が痛くて「嫌だ!」という人も多いのではないでしょうか?
しかし、痛みのない注射をするポイントはあるのです。
痛みのない注射のポイント
こだわりの表面麻酔
 林歯科医院では、麻酔注射の前に針を刺す箇所の歯肉を別の麻酔薬を用いて予備麻酔をします。これを表面麻酔と言い、針を使わないので痛みはありません。

 口の中は場所によって敏感なところと、そうでないところがあります。
また、痛みに対する感受性もかなり個人差があります。
このことから、林歯科医院では3種類の表面麻酔を使い分けています。

 表面麻酔薬は歯肉表面の水分をよくふきとってから、塗布したり貼ったりして使用します。状況や部位によって作用時間を変えるなど薬効を高める工夫をしています。

塗る表面麻酔 張る表面麻酔 塗る表面麻酔

表面麻酔が効いてからの麻酔注射
 表面麻酔が効いてきたら麻酔注射をします。
これで歯肉に注射針を刺す時の痛みがかなり軽減されます。

 麻酔液と注射針は人肌程度に温めておき、注射の時に温度差による刺激を感じることのないようにしています。
痛みの度合いの少ない粘膜に注射針をゆっくり刺し、麻酔液を一定の速さでゆっくりと注入していきます。

 また、患者様の様子を見ながら注射をおこなうのでご安心ください。

リラックスできる環境も大切
 歯科医院では注射に関わらず緊張感を持って治療を受ける患者様が大勢おられます。やはり、「歯の治療は痛い」という印象が定着しているからでしょうか?

 林歯科医院では、院内で流す音楽に音楽療法でも使われるクラッシク音楽や「1/fゆらぎ」の効果を持つ自然界の音などを取り入れています。また、アロマディフューザーを導入するなど、できるだけリラックスして治療に望めるよう日頃から心掛けています。


HOME 診療案内トップ Pageトップ
名古屋市中村区並木・八田駅の歯医者さん 林歯科医院
Copyright(c) 2005-2017 Hayashi Dental Clinic All Rights Reserved.